どさんこパンダ@東京ブログ

どさんこパンダゆんゆんのダイエット記録とか。たまに地元の北海道を紹介します。

(4/22追記)五稜郭で行くバーに迷ったら「Bar北風」に行くべき6つの理由

 

私の故郷、北海道函館市の繁華街でバーを経営する同級生がいます。お店をOPENさせて既に10年ということですが、これまでの帰省で中々チャンスがなく今回の帰省でやっと顔を出すことができました。

函館観光で行くべき繁華街はどこか 

ãå½é¤¨ ã·ã¨ã¹ã¿ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

まず、バーを紹介する前に函館の繁華街事情についてご説明いたします。函館市内の繁華街と言えばやはり“行啓(ぎょうけい)”です。行啓とは行啓通りのことで、函館市電の通る「五稜郭公園前」駅の付近を指しており、丸井さんやシエスタ(かつてのダイエーの位置にできた新ショッピングセンター(1F〜3Fが無印、4Fが無料の自習スペース、B1Fがフードコーナー)があるエリア一帯です。

観光客の方は函館駅前の大門横丁も良いですが地元の人が遊ぶエリア▶行啓では一味違った夜を過ごせます。

 

Bar北風に行くべき6つの理由

f:id:dosankopanda:20180421131447p:plain

函館市内で数あるバーの中で、なぜ「Bar北風」がオススメなのかというと店長が同級生だからという理由だけではありません。

▶▶立地がいい!

函館市内の繁華街“行啓”に位置し、アクセスが良いのがポイントです。

▶▶店内は多くの来店客でにぎわっている!

函館では悲しいことに人口過疎化が進んでいますが「Bar北風」ではそんな雰囲気をみじんも感じません。

▶▶広いカウンターがいい!

横広のカウンターが人見知りでも安心です。

▶▶お酒の種類が豊富!

取り扱い豊富で、カクテルは100種類以上提供しているそうです。

▶▶店長が爽やか&センスがいい!

イケメンと囁かれる北風店長。爽やかにお客の好みを聞き出し、口にあったお酒を提供してくれます飲みたいけど何飲んだらいいかわからないなんて時もその日の気分を伝えるだけでセンスのいいお酒を提供してくれます。

▶▶地元の人との交流が楽しい!

出張で一人で来ても大丈夫、人見知りでも大丈夫。イケメン店長や気さくな店員さんとの交流のほか、地元の方が親しく話しかけてくれます。地元の方も、地元以外の方が多く来ることを楽しんでくれているようです。

 

 

飲んだものレポート

1.デュワーズ12年 

f:id:dosankopanda:20180421133527p:plain

一番飲みやすかったです。

 

2.響17年

f:id:dosankopanda:20180421133559p:plain

安定の響き17年。

 

 3.タリスカー&ブラックニッカ

f:id:dosankopanda:20180421133919p:plain

 タリスカー、初めて飲みました。独特な香りです。癖になりそうですが、私にはまだ早すぎた感があります(笑)

 

 

追記  後日飲んだものも追加いたしました

 

 

 

参考  2018年 函館へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー 

参考  参考ガイドブック

 

Click here

 

Click here▼▲