どさんこパンダ@東京ブログ

どさんこパンダゆんゆんのダイエット記録とか。たまに地元の北海道を紹介します。

【比較】自宅での筋トレ~ 自重トレ派? or ダンベル筋トレ派? ~

 

はいどーも!どさんこパンダゆんゆんです。

先日、給料日でした。給料入ってそうそうAmazonでポチろうかと悩んでいるアイテムがあります。トレーニングで使っている『パワーブロック』という名のダンベルです。

 

参考  

 

こんなダンベル見たことない!パワーブロックって何?

 

どこまでも省エネ。スペース要らずで一人暮らしに最適!

f:id:dosankopanda:20180429182525p:plain

▲写真引用

カラフルな段々式のブロックが積み重なっているパワーブロック。重くしたいときはブロックを足して、軽くしたいときはブロックを外します。普通のダンベルだと重さによって何種類もそろえないといけませんがパワーブロックなら1セットあればOK!なので、実は経済的だったりします。

握りやすい持ち手

f:id:dosankopanda:20180429183440p:plain

パワーブロックで特に気に入っている部分は持ち手の握りやすさです。片手持ちの時は両サイド(青い部分)を握り、両手持ちの時は片手で真ん中(ピンクの部分)を握ります。

カラフルなブロックでテンション↑↑

f:id:dosankopanda:20180429183821p:plain

横から見るとこんな感じ。やっぱりカラフルなだけで女子はやる気が出ます!

 

自宅での筋トレ~ 自重トレ派? or ダンベル筋トレ派? ~

トレーニングを始めるまで、運動とは無縁の生活をしていました。もちろん、ダンベルについては『ガチムチマッチョの人だけが使うアイテム』という認識しかありませんでした。

やっぱり筋トレは大事

筋力維持など健康には欠かせませんが、とにかく痩せたい!という人にも筋トレはオススメです。ダイエットの基本公式『筋肉量を増やして、体脂肪質を下げる』(筋肉量アップ→基礎代謝アップ→食べても太りにくくなる)に従い、良質な筋肉を増やすにはやはり筋トレが必要不可欠です。

 

f:id:dosankopanda:20180427130003p:plain 『筋肉量を増やして、体脂肪質を下げる

f:id:dosankopanda:20180425012324p:plain支出を減らして収入を増やす、みたいな感じですね!

f:id:dosankopanda:20180427130003p:plain 『ちょっと違うけど、まあそんな感じでしょう

 

 

自重トレーニングか、ダンベル筋トレか

f:id:dosankopanda:20180429184822j:plain

▲『スプリットスクワット』に取り組むどさんこパンダゆんゆん。

 

自宅でのトレーニングでダンベルなどを使わない自重トレーニングを行っている方が多いかと思います。 しかし、ダンベルを使えば筋力アップを効率的に行えるので、理想形に近づくまでの時短になるかと思います。

 

▶▷自重トレのメリットデメリット

(メリット)場所を選ばない・気軽

(デメリット)負荷をかけにくい

 

▶▷ダンベル筋トレのメリットデメリット

(メリット)負荷をかけやすい
(デメリット)場所をとる

 

パワーブロックであればダンベルのデメリット『場所をとる』という心配が要らず、取り外し可能なブロックで軽めの負荷〜重めの負荷と、自分で探りながら調整可能です。

 

f:id:dosankopanda:20180425012324p:plain 『ちなみに、私も今では断然ダンベル筋トレ派になりました!』

 

 

筋トレを正しく行うことの大切さ

ãããªã¼ç´ æ ç­ãã¬ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

筋トレは正しいフォームで適切な呼吸をしながら行うことが大切です。フォームが正しくなければ、適切な効果が得られないどころか、却って思わなぬ箇所に筋肉がついてしまい、理想の結果が得られないこともあります。

 

特に、私のような初心者だとフォームが正しいのか正しくないのか、自分では全くわかりません。パーソナルトレーニングでは姿勢の角度・脚の開き具合・つま先の向きなど細かくチェックしてもらえるので、フォームを間違えてるかも、という心配がなく安心してトレーニングを行えます。

 

 

 

Click here

 

Click here